トップイメージ

気にしすぎもよくない

2014.10.27

FXは一日のうち何回も多額の売買を繰り返すデイトレード等の手法が有名ですが、実は他の手法で利益を出しているトレーダーも多いんです。まず、取引には短期売買と長期売買があることを理解しましょう。短期売買は、一日のうちか、長くても2~3日の間に売買を行い、取引を終了します。短期間に多額の資金を投入するので、一気に何倍も儲けられる可能性がある半面、大きな損失を出して資産が減ってしまう危険性もあります。このように、リスクの高い取引方法なので、トレーダーは一日中為替相場のチャートを眺めて売買のタイミングを狙うことになります。これとは反対に、相場の動きに一喜一憂せず、中長期的に利益を出すことを目指す投資家に人気なのが長期売買の手法です。この場合は、一週間くらいから、数か月、あるいは数年という長期にわたって取引を行います。一度取引をしたら、ある程度大きな利益が得られるまで、ひたすら待ち続けて利益を確定します。為替相場の動きを気にしすぎることがないので、あまり神経質にならずにFXを始めたい人に向いています。

ページトップへ
Copyright (C) 短期決戦と長期決戦がFXにはある All Rights Reserved.