トップイメージ

短期・長期どちらでも難しさはある

FXに限らずに相場というものは短期・長期戦があり、どちらもそれなりの難しさというものがあるものです。 そのため、短期・長期どちらが優れているということはなくその人に合ったトレードの仕方をするというのが重要なことになってきます。 FXに限らず投資を行う際には、じっくりと長期で行うものといった考えが日本ではありますが、余裕資金で何時までも利益が出るまで待つことができるというのであればこの方法も悪いものではありません。 しかし、失ってしまうと苦しいというお金を長期間にわたり拘束されてしまうというのはなかなか大変なものであり、一般の人には厳しいものがあります。 また、長期投資であっても損切りをすることは重要なことになってきますが、長期投資の場合その損切りの金額というのは大きくなりがちであり、そうなった場合精神衛生上損切りに耐えられるかという問題にもなってきます。 その一方で利益が大きいのが長期投資の利点ではあるのですが、FXに限らず含み益の状態を維持しているというのも人間にとっては難しいもので利益は確定してこそ利益ですから、その確定させるポイントが難しいのも長期投資の特徴です。 一方の短期投資の場合、決断の早さが重要となるので損切りをするにしても利食いをするにしても、すぐに行うことになるため損失も利益も大きくなりにくいというものがあります。 これは短期投資の利点にも欠点にもなるもので、損失が小さいということは一度に大きな痛手を負うことは少ないものですが、トレードの技術が無ければトレードの回数が増えれば増えるほどに負けがかさみやすくなってしまうため、短期投資の場合一回の負けは小さくても回数が多いだけにあっという間に負けてしまうということは十分にありえるのです。 このようにFXなどの相場には短期・長期といった二つの時間軸がありますが、どちらにもこのような難しさがあるのでそれをじっくり考慮に入れてトレードをすることが重要です。

ページトップへ
Copyright (C) 短期決戦と長期決戦がFXにはある All Rights Reserved.