トップイメージ

長期決戦の損失は最小に

FXには短期決戦と長期決戦がありそれぞれにメリットとデメリットがあるため、どちらが優れているということはないのですが、その時間軸にあったトレードをすることがまず大事なことになってきます。 FXに限らず投資というのは長期決戦だと考える人もいるでしょうが、その場合重要なことは損失を最小限に抑えるということにあります。 長期投資を勘違いしている人の中に、損切りはしないで利益が出るまで何時までも待つという人がいますが、何の考えもなしにそのようなトレードをするというのは投資ではなくただの投機となってしまいます。 日本では短期トレードを投機と考え、長期トレードを投資と考える傾向にありますが、何の考えもなしにただ利益が出るまで待つというのはそれが長期間であってもただの投機でしかありません。 FXの場合、その通貨がなくなるということは考えにくいため、待っていれば何時かは利益が出る可能性が高いものですが、そのような考えでFXをするといつか痛い目にあってしまうこともあります。 そこで、長期決戦といえど損切りは必要になってくるもので、そのときの損失を以下に少なく抑えることができるのかということが重要になるのです。 短期であっても損切りというのは難しいものですが、長期の場合はその金額が大きくなりやすいだけに更に難しいものになってしまいます。 含み損が大きくなるとそれを確定させるのが怖くなりずるずると先延ばしにしてしまい、更に損を膨らませてしまうというのは長期投資にありがちな傾向といえるのです。 すると一度の損で資金の大半を失ってしまうということもありえるわけで、長期投資というのは安全なように思えてしっかりとした損切りができないとその損失が大きくなりやすいだけに、非常に危険なものでもあるのです。 そのため、長期決戦を挑むつもりであるならばあらかじめポジションを取った段階で、損切りをするポイントというのを決めておきそこに達したら潔く損切りをすることも負けない為に重要となってくるのです。

ページトップへ
Copyright (C) 短期決戦と長期決戦がFXにはある All Rights Reserved.